横断幕の生地選び、何を基準に選んだら良いの?

お役立ち情報

横断幕を作成するにあたり、サイズや生地をどうしたら良いか迷われる方が多いかと思います。そこで、使用用途別、横断幕の生地選びの選び方についてご紹介させていただきます。横断幕を掲げる場所や、何を優先するのかによって、生地選びが異なります。そこで、よく横断幕や垂れ幕で使用されている生地について詳しくご紹介いたしますので、ぜひ生地選びのご参考にしてみてください。

目次

横断幕でよく使用されている生地は?

横断幕でよく使用されている生地は、布生地でした「トロマット」、ビニール生地でしたら「ターポリン」がよく使用されています。「トロマット」は軽くて布製の生地の中でも丈夫なので、持ち運びをする場合や、屋外でも短期的に使用する際に人気の生地です。「ターポリン」は雨風に強く丈夫なので、横断幕を長期的に掲げる場合や、大型の横断幕を作成する場合に人気の生地です。

トロマットについてはコチラ▼
【トロマット】横断幕・垂れ幕通販サイト_幕メーカー 取り扱い生地紹介
ターポリンについてはコチラ▼
【ターポリン】横断幕・垂れ幕通販サイト_幕メーカー 取り扱い生地紹介

生地に迷ったらコレ!横断幕を作成する際、何を優先する?

先程は横断幕でよく使用されている生地をご紹介しましたが、こちら以外にもさまざまな生地がございます。どのような横断幕を作成されたいかという希望に一番近い生地を見つける為に、一度チャートにて自分の希望に合った生地を探してみてください。
生地選びチャート

横断幕の生地選びのポイント!

横断幕を作成するにあたり、生地を選ぶ際のポイントを解説!どういうことに注意が必要なのか、ココをおさえておけば、生地選びで失敗することはなくなります。

◆作成する横断幕のサイズ
各生地には、最大生地幅という物があります。横断幕の生地は、トイレットペーパーのようにロール状になっており、必要な部分だけを印刷してカットして作成しております。その為、生地幅が決まっており、短辺が生地幅を超えてしまう場合は、生地と生地を繋ぎ合わせなければなりません。繋ぎ合わせた場合は、その繋ぎ目に縫製のラインが入って見栄えが悪くなってしまったり、繋ぎ目で多少デザインにズレが生じてしまう可能性があります。もし大型の横断幕を作成する場合は、生地幅を気を付けて生地を選んだ方がGOOD♪
◆横断幕の使用頻度
横断幕を使用する頻度で生地を考慮した方が良い場合があります。大きく分けて布製かビニール製かの2種類となります。布製の仕様としては、短期用となっている場合が多く、屋外で常設する際にはあまり向いていません。屋外で常設する場合は、ビニール系(ターポリン)をお選びいただくことをオススメします。逆に、スポーツの応援の為に常に持ち歩く場合や、イベント時のみなど短期的に使用する場合は、布製の生地がオススメです。布製の横断幕は、軽くて小さく畳むことができるので、持ち運びや収納に優れています。
◆防炎加工が必要かどうか
横断幕を設置する場所によって、防炎認定が必要な場合があります。生地によっては防炎仕様となっている物がありますが、防炎認定が必要な場所では、「防炎ラベル」という防炎である証明をつけなければ、防炎と認定して貰えません。防炎が義務付けられている場所で横断幕を設置する場合は、必ず生地を選ぶ時に「防炎ラベル」の有無を確認してください。

まとめ

横断幕の生地選びについてのポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。横断幕の使用用途に合わせて生地の選び方が変わってきます。生地選びのポイントをしっかり押さえておけば、満足のいく横断幕を作ることが可能です。ぜひ、参考にしてみてください。また、幕メーカーでは取り扱い生地全10種類を無料サンプルとしてお届けしております。ぜひ、実物の生地をお手にとっていただき、肌で感じていただければと思っております。各生地の紹介としましては、取り扱い生地でご紹介しておりますので、ぜひチェックしてみてください。

 

関連記事
横断幕の素材【ターポリン】とはどんな生地?
横断幕で使えるカッコイイ四字熟語
横断幕の加工方法ってどうするの?
【足場幕・現場シート】どのサイズを選べばいいのでしょうか?
必見!横断幕を安く作成する方法
タイトルとURLをコピーしました